Laboratory

研究室

学生募集


我々は,スモールデータ解析による新たな価値創造に意欲的な学生を求めています.数学や解析アルゴリズムなどのコンピュータサイエンスだけではなくて,実データの収集や実験,解析を通じて「データそのもの」を理解できるデータサイエンティストの育成を目指しています.
 
潤沢な研究資金を活用して,Macbookやクラウドなどの研究環境に加えて国内学会,国際会議での発表,さらに懇親会を通じて様々な分野(医師・弁護士・研究者・メディア・行政関係者など)の人たちと交流できる機会を提供します.
 
自ら手を動かし社会問題解決のために,フットワーク軽く異分野の人と協業し,将来的に人と人とのハブになれる学生を歓迎します.

計算機環境


本研究室では,すべての学生に広々としたデスクと最新PC・デュアルディスプレイ環境を提供し,快適な研究環境を整備しています.PCについては,ハードウェアの勉強も兼ねて,新入生は自分が使うPCを自作してもらいます.教科書や技術書などの書籍は,学生のリクエストに応じて積極的に購入しています.

自作デスクトップPC(2022年度)

CPU:Intel Core i9-10900KF
メモリ:DDR4-2666 32GB
ストレージ:M2.SSD 1T + HDD 8T
GPU: NVIDIA GeForce RTX3070
ディスプレイ:LG製34インチウルトラワイドモニタ

ノートPC(2021年度)

Macbook Air M1
16GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
512GB SSDストレージ

タブレット(2020年度)

iPad Air (第4世代) + Apple Pencil (第2世代)

クラウド環境

Amazom Web Services (AWS)

ソフトウェア・サービス

Microsoft 365
MATLAB / SIMULINK
Affinity Designer
GitHub

身につくスキル

Linux
MATALB / SIMULINK
Python
LaTeX
Docker
クラウド技術

設備


学生居室は,2019年度末に内装およびデスクなどの什器や各種家電を更改し,一新しました.さらに,大型4Kディスプレイとソファなどの休憩スペースを備えて,快適なオフィス環境を提供しています.

セミナ室には,ディスカッション用デスクと椅子,大型4Kディスプレイを備えており,会議・打ち合わせやプロジェクトなどに自由に使用可能です.

名古屋大学には,現在,実験室はありませんが,京都大学ヒューマンシステム論分野の実験設備が利用可能です.京都大学では脳波計(grapevain, Ripple Inc.)や各種センサ類を用いた生体計測実験,ドライビングシミュレータ(UC-win/Road, FORUM8)を用いた被験者実験が可能です.さらに,電子工作用のパーツ・工具類,データロガー(NI-DAQ)マイコンボード(Arduinoなど),アプリ開発用Android端末を用意しており,ラピッドプロトタイピング環境を整備しています.そのため,被験者実験からデータ解析,ハードウェア・ソフトウェア開発まで一貫して行えます.
 
研究テーマによっては,日本各地の共同研究先の施設や実験フィールドにおいて臨床データ切り出しや被験者実験,動物実験を実施します.

学生の主な就職先


  • トヨタ自動車
  • ソニー
  • P&G
  • パナソニック
  • デンソー
  • 任天堂
  • 花王
  • 東京エレクトロン
  • 航空自衛隊(パイロット)
  • ATカーニー
  • 経営共創基盤
  • APT
  • 野村総合研究所
  • ヤフー
  • ギフティ